食事制限


ダイエットでの食事制限では、食べない事ではありません。食べる事を極端に減らしてしまうと脂肪だけでなく、筋肉まで減ってしまいます。筋肉が減る事で基礎代謝が落ち、逆に体が脂肪を蓄えようとする為、太りやすくなります。また、食べない事で肌トラブルを引き起こしたり、体調をくずしてしまいます。また、満足に食事を摂らない事でストレスとなり、反動で暴飲暴食をし、リバウンドしてしまいます。食事制限とは、カロリーを抑えつつバランス良く栄養を摂取し、きちんと食事を摂る事です。ここでは、食事制限でのダイエットについてご説明します。

まず、間食を控える事です。どうしても食べたい時は、糖質のないものを選びます。糖質は血糖値を上げます。血糖値を下げる為にインシュリンが分泌されますが、糖を脂肪細胞に溜め込む働きを持っているのでインシュリンの分泌を控える為に、糖質は控えましょう。次に、炭水化物は少なめにし、タンパク質を多く摂るようにします。ご飯や麺類などの炭水化物も糖を多く含みます。基礎代謝を上げる為に必要な筋肉は、たんぱく質から作られます。炭水化物の量を調整しながら、タンパク質はしっかり摂るよう心掛けましょう。

食事制限はストレスを溜めないよう、上手に食べる量をコントロールしながら行います。上記の事を実践する事で、確実に結果は出ます。